和田一夫ウェブサイト ホーム
和田一夫に聞く-21世紀のリーダーとして

  今、若いベンチャー起業家やまたはいつか社長になりたいと思っている人は、少なくともやりたいこと、実現したい夢というのがあると思います。ですが、どうしてもあまりやりたくないけど儲かる仕事があると、どちらをやろうかと悩んでしまうことがあります。どうしたらよいのでしょうか?(25歳/東京都/会社役員)  

  それは、本当にやりたいことを選択すべきです。それを貫かなくてはなりません。良いアイデアがあったとしても、簡単に実現するようなものは本物ではないのです。成功するにはもちろん時間がかかります。もちろんその過程には失敗もあるんです。

ただ儲かる仕事をしてその儲かったお金を元にしてやりたいことをやるということはあると思います。私も八百屋をやっているときには、日本一の八百屋になりたいと思っていました。スーパーをやっているときも日本一のスーパーになりたいと思っていましたが、日本国内には大手がたくさんいました。ですからまだどこも進出していない海外から始めたんです。ですが、その国のいろいろな方に尽くしていきたいという、そういう思いというのは共通していました。
 


和田一夫HOME メッセージ歴史講演活動今を生きるゼロからの再出発もう一つのシリコンヴァレー物語
|中国で生きるビジネス学経営者として学んだ道21世紀のリーダーとして講演依頼取材依頼プライバシーポリシー
和田一夫ウェブサイト