和田一夫ウェブサイト ホーム
和田一夫に聞く-21世紀のリーダーとして

  問題が発生した時、皆のためになる答えと、自分の為になる答えがあるとしたら、どちらを選択したら良いですか?(17歳/佐賀県/学生)  

  一概には言えないと思います。例えばブラジルに進出するかどうか決めた時には反対する人が非常に多かったです。

それで、やりたいと思っていたことを、本当にブラジルの国家のためになる、それからブラジルの皆様方が日本のような大型の百貨店を欲しいと皆さん求めていらっしゃる。そういうようなお客様の声を実現できるのは、自分のこの考え方なら実現できると思った場合には、それは自分自身のためにはなるけれども、もっとその奥にはブラジルの為に尽くしたいという気持がその中にあるわけですね。
 


和田一夫HOME メッセージ歴史講演活動今を生きるゼロからの再出発もう一つのシリコンヴァレー物語
|中国で生きるビジネス学経営者として学んだ道21世紀のリーダーとして講演依頼取材依頼プライバシーポリシー
和田一夫ウェブサイト