和田一夫ウェブサイト ホーム
中国で生きるビジネス学

  海外進出において一番苦労したのはどこの国で、どんなことですか。(20歳/福岡県/専門学校)  

  ヤオハン時代は16の国に進出しましたが、それぞれ担当者がいましたからそれぞれ苦労はしていると思います。
出店を決めるには、まず、出店戦略会議を開いてそこでその場所が出店に適しているか、リスクはどれくらいかなどを討論します。だいたいは海外の国の方から「出店しないか」というようなお話があるんです。例えば、ブルネイなんかも向こうからお話が来たんです。もちろん、こちらの方からこの国に出したいと思ったこともありましたけど。
それで、自社で出店先を調査して検討するのです。いろいろな国をやっていたから、調査のマニュアルなんかもできあがっていましたね。
 


和田一夫HOME メッセージ歴史講演活動今を生きるゼロからの再出発もう一つのシリコンヴァレー物語
|中国で生きるビジネス学経営者として学んだ道21世紀のリーダーとして講演依頼取材依頼プライバシーポリシー
和田一夫ウェブサイト