和田一夫ウェブサイト ホーム
和田一夫に聞く-もう一つのシリコンヴァレー物語

  現在九州工業大学の大学生なのですが、大学を卒業してある程度自分に力がついたら、実家に戻ってそこで起業し、地元を盛り上げていきたいと思っております。地元はとても田舎でどちらかというと東京、大阪、福岡といった情報の中心から外れたような場所でパソコンのソフト関係の仕事を起業しようと考えているんですが、企業を起す場所というのはある程度考慮しながら考えた方がいいのでしょうか?(21歳/福岡県/学生)  

  起業を成功させる秘訣はひとつはどこの場所を選ぶかっていうのは非常に大事です。私がヤオハン時代に上海、中国を選んで非常に繁盛したのは場所がよかったからです。二つ目はタイミング。ヤオハン時代の中国戦略は、中国という国自体が開放経済という思想が一番大きく広がった時に進出したのでよかったんです。

飯塚に行くのも今だから、タイミングがあっているから、また飯塚自身が求めているから非常に歓迎してくれるわけです。

「場所」と「時」というのが非常に必要です。後は、誰が経営するか、という「人」ですね。
 


和田一夫HOME メッセージ歴史講演活動今を生きるゼロからの再出発もう一つのシリコンヴァレー物語
|中国で生きるビジネス学経営者として学んだ道21世紀のリーダーとして講演依頼取材依頼プライバシーポリシー
和田一夫ウェブサイト