和田一夫ウェブサイト ホーム
和田一夫に聞く-ゼロからの再出発

  倒産する前に「もうだめだな」と思ったのは、どのような状況の時でしたか?(29歳/東京都/会社員)    

  「もう駄目だ」と思ったのは、会社更生法を出した瞬間です。それからその前日の夜ですね。

私はなるべく生き延びたいと思っていたから反対していましたが、役員会で決定をしました。どうしても駄目だと状況判断をしたのは、当時のヤオハンジャパンの社長でした。社長から会長である私に報告がきたんです。もう駄目だ、明日出さなきゃ、資金繰りも駄目になった、と。今日の役員会で決めてもらいたいとのことだったのです。それで決定いたしまいした。
 


和田一夫HOME メッセージ歴史講演活動今を生きるゼロからの再出発もう一つのシリコンヴァレー物語
|中国で生きるビジネス学経営者として学んだ道21世紀のリーダーとして講演依頼取材依頼プライバシーポリシー
和田一夫ウェブサイト